足のくるぶしが年々黒ずんできた

足のくるぶしが年々黒ずんできたと感じる人は少なくないでしょう。足のくるぶしは、黒ずみやすい場所です。新しいサンダルを買おうとおもって試着した際、ふと黒ずんだ足のくるぶしに気付くことがあります。昨年まではこんなのじゃなかったのに、気付くと黒ずんでいる場合があります。足のくるぶしの原因は、摩擦によるところが大きいです。靴のストラップが当たったり、ハイカットの靴でこすれたりすると、黒ずんできます。正座やあぐらなどで摩擦にさらされることでもなります。摩擦などの刺激を受けると、メラニン色素を発生させることになり、黒ずみにつながります。摩擦以外では、乾燥、紫外線による日焼けなどが黒ずみの原因になります。紫外線による日焼けは、メラニン色素を発生させることになり、乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下してしまいます。足のくるぶしは、歳を重ねていくにつれ、ひどくなってきます。加齢による新陳代謝の低下なども含めて、年齢を重なるごとに、足のくるぶしは黒ずんでいきます。足のくるぶしは年々黒ずんでくるので、しっかりケアしていく必要があります。

足のくるぶしの簡単対処法

足のくるぶしの簡単対処法は、とにかく、生活習慣に気をつけることです。生活習慣により、足のくるぶしが黒ずむことがおおいからです。正座はくるぶしの皮膚に負担を掛けるので、普段の生活で長時間するのは避けることです。そして、生活習慣の改善と合わせて、しっかり、下半身の血行を促進することです。足のくるぶしの簡単対処法でおすすめなのは、下半身の血行を良くする行動です。たとえば、風呂に入った時には、湯船によくつかりながら、ふくらはぎをマッサージします。ふくらはぎをもむと足全体の血行をよくすることができ、結果的に、くるぶしの黒ずみを改善することができます。スキンケアとしては、ワセリンがおすすめです。ワセリンは、荒れた肌や、皮膚を保護するためだけのものではありません。ワセリンはくるぶしの黒ずみにも効果があります。風呂上りにワセリンをくるぶしに塗るとよく、保湿効果があり、皮膚のターンオーバーを促進してくれます。根気よくワセリンで足のくるぶしを保湿し続ければ、少しずつ黒ずみが改善されてきます。足のくるぶしは、このような方法で対処すれば、自宅で比較的簡単に解消できます。

人の体で年々黒ずむ場所

人の体で年々黒ずむ場所と言えば、ワキ、乳首、デリケートゾーン、ひざ、ひじなどがあります。体の中の部位には、黒ずむ場所がたくさんあります。こうした場所が黒いと気付くと、恥ずかしくなります。ふと鏡を見た時、他人と比べた時、他人に指摘された時などに、体が黒ずんでいるのがわかると焦ります。特に大事な場面で異性から指摘されると、かなりショックを受けてしまいます。体の中には、年々、黒ずむ場所がたくさんあるので、それぞれ部位別に対策を図っていかなくてはなりません。人の体で年々黒ずむ場所は、衣類での摩擦やボディーソープ、石鹸、化学物質などの刺激、紫外線、ムダ毛の自己処理によるダメージ、乾燥などで起こりやすくなります。肌は様々な刺激から守ろうとするので、メラニン色素により沈着をおこします。ホルモンバランスや、ターンオーバーが乱れることによっても、年々黒ずんできます。黒ずみは生活リズムやホルモンバランスが戻ることで、自然と薄くなることもありますが、年々黒ずむ場所については、しっかりケアしていく必要があります。

 

ひざ下の黒ずみは想像以上に目立ちます。ファッションでミニスカートもはきたいし、ショートパンツもはきたいと思うならひざ下の黒ずみケアをしっかり行いましょう。

ひざ下の黒ずみケア